■「flowersまんが教室」開催! 講師やります!

4年くらい前にもやらせていただいたんですが、再び「まんが教室」の講師を仰せつかりました。現在フラワーズで生徒のかたを募集しております。詳しい応募方法などはサイトでご確認ください。

田村由美による「flowersまんが教室」のおしらせと応募方法

別コミ(当時の表記)時代も「移動まんがゼミ」という企画があって、あちこちに講師に行かせていただきました。でもその場はマンガを描き始めて間のないかたから投稿を繰り返して担当さんについてもらってるかたまでいろんな段階のかたが一緒で、何を話すかが難しいと感じたことが多かったです。なので参加されたかたもわからない部分があったかと思います。

対して、前回の「flowersまんが教室」はデビュー前後のかたたちだけを対象にして行われたので、かなり突っ込んだ話もついしてしまったし(担当さんとのやりとりについてとか)、具体的な演出の話とかもできたかなと思うので、楽しく聞いていただけたんじゃないかと思います。頑張ってレジュメも作ったし。

今回もそういった感じだと聞いてますので、デビューを目指してるかたで何か質問したいとか行き詰まってるとか、フラワーズの編集さんに原稿を見てほしいというかたはぜひ応募してみてください。

わたしは基本的にマンガって教わるものじゃないと思ってたりしますし、結局自分の体験談でしか語れないし、自分のやり方しか語れないし、しかもそのデビュー前後の話はだいぶ昔のものになります。

なのでどれだけ足しになるかわからないし、全然ならないかもしれませんが(しなくていいとも思うし)、ちょっとなんか、デビュー当時から「絵が古い、アクが強すぎる、見づらい、話がわかりにくい、もうあなたのストーリーは何がわからないのかもわからない、どう直していいのかわからない」と担当さんに言われてた人間が35年どうにかこうにか漫画家をやってきてるその内情を聞いてみようかと思われるかたがいらっしゃったらぜひご参加ください。

わたしは割と感覚的に描いてる部分が多いので、自分のやり方、考え方を人に説明するということは難しいです。なのでこういう機会をいただくことで、普段わたしはストーリーをどう構築してるのか、キャラをどう動かしてるのか、演出の意味とは(!)などなど言語化して考えるという作業をすることになって、それはとても面白いです。ありがとうございます。

今マンガの形そのものが変わりつつあるし、既存のやり方では通用しなくなる世界に突入してる風でもあります。その上、決められたルートを通らなくても作品を世に問うことができるようにもなってきてます。

そんな中開かれるまんが教室ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

怖くないので気軽にご応募ください! 小学館の中に入れるし。