■アニメ「7SEEDS」のこといろいろ…もっとつづき

アニメの色指定もまた完全にお任せしました。

ただ、まつりやお蘭さん、涼とか肌の色が濃ゆいキャラは濃ゆくしてほしいということと、漫画で白い髪の毛に描いてる人を黒髪にしないでほしいということと、安居が河童に見えないようにしてほしいということはお願いしました。
他はもうすべて、服とか物の色とか生物の色とか背景も含めお任せしました。

色指定が大変なのは、昔「巴がゆく!」をOVAにしていただいたときよくわかったんですが、”この色を変えると全部動かさないとだめ”とか、”この人に使った色はここに使えない”とかいろんな難しい調整があるらしく、これまた膨大に手間のかかる、しかもセンスと高い能力の必要なお仕事だと痛感しました。

当時の手塗りと今のデジタルの塗りでは違うことも多いでしょうけど、人が判断する部分は増えてるんじゃないかと思う。そしてそこが変わらず一番重要だよねきっと。「7SEEDS」はやはりキャラが多いからお手数おかけしたと思います。

そういえばその「巴がゆく!」OVAの時、主人公・巴(ともえ)の髪の色を青色にしたいと提案されてお断りした経緯がありました。どうしても普通の女の子であってほしかったからなんですが(動きはだいぶ普通じゃなかったけど)。

今となっては青い髪の巴も見てみたかった気もしますけど…。
いや若い時って身の程も知らずこだわりが激しいんだよね多分(汗)。
初めてアニメにしていただいて、憧れの声優さんにもお会いできた、あれもまたとんでもなく有難く幸せな体験でした。

今回も青とかピンクの髪のキャラはいません。原作に合わせてくださって嬉しいです。大勢いるから見分けるにはいいと思うんですけどもね。

それで思い出したけど「7seeds」を描き始めた頃、髪を染めてるであろうキャラ(たとえば蟬丸やまつり)の髪色が黒に戻っていく過程を描くべきかどうかしばし思案しました。

でもそうなるとみんな黒になって見分けが…あと画面が重い…とかいろいろ悩み、結果そこは無視することにしました。だんだん日に焼けていくとかもなあ。
他にも話の都合上様々な部分で無視したこと、言及しなかったことがあります。
そこらへんアニメになるとより浮き彫りになって冷や汗が出ますね。

あとわたしの描く画面はかなり近視眼的なので(これはダメなんだけどついなっちゃう。ほんとに近視なんだよ…)閉塞感があるように感じられると思うんだけど、アニメになって広い背景がつくとずいぶん印象が違うと思います。そのへんの違いも楽しんでいただけたら幸いです。

背景は本当にきれいですよね。わたしも実は初めて見るあの世界の風景です。そうかあんなだったのか…美しい。

「7seeds」のアニメの、背景含め全体的にちょっと浅い色彩が素敵だと思いました。

…つづく