■祝25周年!「LIVE A LIVE A LIVE 2019 新宿編」

初耳だとおっしゃるかたもいらっしゃると思いますが、わたし、25年前スクウェア(当時)から発売されたスーパーファミコンソフト(!)『LIVE A LIVE 』のキャラデザインの一部に参加させていただいてまして。

あ、9月2日、まさに25年前の今日発売だったんですね。

一つのゲーム内に7つの異なるタイプの世界があって、それを7人の漫画家がそれぞれキャラデザするというすごく画期的なゲームだったんです。

わたしはSF編を担当しました(SF編はちょっと…結構…怖いんだよ)。

その25周年記念のライブイベントが週末にありまして、わたしも行ってきました。大きいホールにお客さんがぎっしりで、ものすごい熱気と盛り上がりなんです。皆さんとんでもなくパワフルで、とにかく圧倒されました。

25年たってもこんなに愛されてるゲームなんだなと、そこに自分も関わってたんだと思うと感激で感激で。いろんなかたにありがとうって言いたかったです。

登壇は控えたんですが、イラストを描いてお渡ししたら、それをスクリーンに出してくださいました。すごく歓声をいただいて嬉しかったです。楽しんでもらえてたらほんとに嬉しい。手でも振ろうかと思ったんだけど度胸がなかった…。

たまに、『LIVE A LIVE 』覚えてますか? って訊かれることがあるんだけど、いや覚えてるよ、そりゃ勿論覚えてる、自分にとってすごく幸せで自慢な体験なんだもん。

なにしろスクウェア(当時)、憧れのスクウェア(現スクウェア・エニックス)。FFやり倒してたあの頃。お話いただいたときはびっくりしました。

…つづく